プリュム ドゥ パオン イヤリング スモール

ダイヤモンド、ピンクゴールド

創業者フレデリック・ブシュロンはクジャクの羽根が魅せる、驚くほど繊細な美しさを再現しようと作品創りをはじめました。
それ以降、クジャクの羽根のモチーフは、ブシュロンの創造性とジュエリー制作のサヴォワールフェールにインスピレーションを与え続けています。
ローズカットのダイヤモンドが自然で柔らかい輝きを放ち、肌なじみの良いピンクゴールドが耳元を飾ります。

詳細を見る

Les Moments B

Plume de Paon

The peacock feather motif first appears at Boucheron in 1866. The jeweler is quite overcome by the seductive power of its graphic structure and ethereal grace. Moreover, it is while they are playing with a peacock feather that Frédéric Boucheron and his workshop manager, Paul Legrand, have the idea in 1883 to create the famous Point d'Interrogation necklace. Grand Duke Alexei Alexandrovich Romanov, known for his modern tastes, knows a good thing when he sees it and buys it immediately. Since then, new interpretations of the beautiful feather regularly feature in the High Jewelry collections. 

ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る

プリュム ドゥ パオン イヤリング スモール

ダイヤモンド、ピンクゴールド

¥2,052,000
価格を隠す

ローズカットダイヤモンド2個(0.45カラット)
ラウンドダイヤモンド188個(0.69カラット)
ピンクゴールド

Ref.: JCO01323


ブティックを探す
セレクションに追加する
印刷

*カラット数と貴金属の重量は参考値です。

ニュースレター登録

ブシュロンがお届けするサプライズ。
メゾンの最新情報をどうぞお見逃しなく。