フレグランス

ブシュロンの香水コレクションをご覧ください。


ブシュロン プラス ヴァンドーム

  • ストーリー #19

    ブルー・ブレイザー

    ブシュロンのブティックがオープンしてしばらく後、リッツがヴァンドーム広場に開業、セザール・リッツとフレデリック・ブシュロンはすぐに親しくなりました。ヴァンドーム広場26番地には、この超豪華ホテルと同じ雰囲気が漂っていたため、リッツの宿泊客たちはブシュロンのブティックをまるでこのホテルの別館のようにみなしていました。そしてフレデリック・ブシュロンの執事はリッツと同じカクテルを提供していました。フレデリック・ブシュロンお気に入りのカクテルは、ブルー・ブレイザーだったとされています。


    ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る
  • ストーリー #12

    パティアラのマハラジャ 

    ヴァンドーム広場で最も見事なオーダー

    1928年8月、パティアラのマハラジャがダイヤモンド7,571個、エメラルド1,432個など、宝石がぎっしり詰まった7個の大きなケースを持った従者を伴い、ヴァンドーム広場26番地に姿を現しました。ブシュロンの名声、さらにはブシュロンがインドとの間に結んでいる強い絆に心惹かれたマハラジャは、自身の財宝に含まれる数千個のダイヤモンド、ルビー、エメラルドを用いて、149点のジュエリーで構成される卓越したパリュールをブシュロンに注文しました。これは現在のところ、ヴァンドーム広場でなされた最も大規模で並外れたオーダーになっています。


    ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る
  • 履歴に選択されたアイテムがございません。