オテル ドゥ ラ ルミエール

パオン ドゥ リュンヌ

熟練の職人による技術で生み出された「パオン ドゥ リュンヌ」(月の孔雀)は、ブシュロンならではの幾通りもの着け方を楽しむことができる、変身を象徴するジュエリーです。孔雀はたびたびメゾンのクリエイションの源として現れ、様々なジュエリーに姿を変えています。「パオン ドゥ リュンヌ」は類稀なる輝きと堂々としたたたずまいを帯びながら、メゾンの伝統を新たな解釈で再生しています。


ほかの画像

創作、それは思い出すこと

フレデリック・ブシュロンと当時のアトリエのチーフは、1枚のクジャクの羽根に触れていた時に、しなやかで自由に動く軽やかなクエスチョンマークネックレスのアイデアを思いつきました。


メゾンを象徴する画期的な発明となったこのネックレスは、クラスプを持たず、隠れたバネによって羽根のようにやさしく首に巻きつくように考案されました。

宝石の魔術師

Paon de Luneは、ダイヤモンド、水晶、アクアマリン、メテオライトが調和したジュエリーです。


いくつものドロップ状のアクアマリンが、ブルーグリーンの優美なハイライトとスカイブルーで様々な色合いを演出し、ムーンカラーの孔雀の羽根の「目」を表現。そして大きなペアシェイプ アクアマリンが、周りを囲むダイヤモンドを美しく煌かせます。

宝石の魔術師

Paon de Luneは、ダイヤモンド、水晶、アクアマリン、メテオライトが調和したジュエリーです。


いくつものドロップ状のアクアマリンが、ブルーグリーンの優美なハイライトとスカイブルーで様々な色合いを演出し、ムーンカラーの孔雀の羽根の「目」を表現。そして大きなペアシェイプ アクアマリンが、周りを囲むダイヤモンドを美しく煌かせます。

輝きをつくり出す手

クエスチョンマークネックレスはブシュロンの偉大な伝統を受け継いだジュエリーですが、Paon de Luneは様々に姿を変えることができるその特性から、メゾンの象徴的なアイテムとなりました。


また、様々なストーンのカットを使用したり重ね合わせることで、孔雀の羽根のモチーフをアレンジしています。


輝きを作り出す手は、動きや光が織り成す美しい効果を演出しました。大切な秘密として職人から職人へと受け継がれた技術を駆使して、ボリュームやストーンの配置から優美な効果を演出し、ジュエリーを製作します。

輝きをつくり出す手

クエスチョンマークネックレスはブシュロンの偉大な伝統を受け継いだジュエリーですが、Paon de Luneは様々に姿を変えることができるその特性から、メゾンの象徴的なアイテムとなりました。


また、様々なストーンのカットを使用したり重ね合わせることで、孔雀の羽根のモチーフをアレンジしています。


輝きを作り出す手は、動きや光が織り成す美しい効果を演出しました。大切な秘密として職人から職人へと受け継がれた技術を駆使して、ボリュームやストーンの配置から優美な効果を演出し、ジュエリーを製作します。

魂をこめて

インドでは、孔雀は強さと権力を象徴し、特別なステータスを持つ存在です。


毎年春になると、古い羽根が抜けて新しい羽根が育つことから、再生と不死の象徴とされています。


ブシュロンのアトリエでは、孔雀の持つ再生と永遠性にインスピレーションを得て、象徴的なクエスチョンマークネックレスをアレンジしました。

魂をこめて

インドでは、孔雀は強さと権力を象徴し、特別なステータスを持つ存在です。


毎年春になると、古い羽根が抜けて新しい羽根が育つことから、再生と不死の象徴とされています。


ブシュロンのアトリエでは、孔雀の持つ再生と永遠性にインスピレーションを得て、象徴的なクエスチョンマークネックレスをアレンジしました。

魂をこめて

インドでは、孔雀は強さと権力を象徴し、特別なステータスを持つ存在です。


毎年春になると、古い羽根が抜けて新しい羽根が育つことから、再生と不死の象徴とされています。


ブシュロンのアトリエでは、孔雀の持つ再生と永遠性にインスピレーションを得て、象徴的なクエスチョンマークネックレスをアレンジしました。

ニュースレター from ヴァンドーム広場26番地

メゾンのニュースやイベント情報をいち早くお届けします。ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のジュエラー、ブシュロンの世界へようこそ。