アルティザン ドゥ レーヴ

プリュム ドゥ パオン

1883年、フレデリック・ブシュロンはアトリエの責任者であったポール・ルグランと共同で孔雀の羽根をモチーフとするクエスチョンマークネックレスを制作しました。この大いなる革新は、瞬く間にブシュロンの代表作として称賛され、これまでにない女性らしさへのアプローチを示しました。身に着ける女性の首元をしめつけることなくやさしく寄り添い、女性を自由にしながら華やかに演出するこのネックレスは、「プリュム ドゥ パオン(孔雀の羽根)」として、再び生まれ変わりました。

エメラルド、ダイヤモンド ネックレス


ほかの画像

卓越した技術

ワックス彫刻、金属加工、セッティング、ポリッシュなど、熟練の技術を要する制作工程を経て、ジュエリーは永遠の輝きを放つ比類なき作品となります。ブシュロンの職人の卓越した技術によって生まれた作品に込められた魂は、時間を超越し何世代にもわたって、受け継がれていくのです。

卓越した技術

ワックス彫刻、金属加工、セッティング、ポリッシュなど、熟練の技術を要する制作工程を経て、ジュエリーは永遠の輝きを放つ比類なき作品となります。ブシュロンの職人の卓越した技術によって生まれた作品に込められた魂は、時間を超越し何世代にもわたって、受け継がれていくのです。

卓越した技術

ワックス彫刻、金属加工、セッティング、ポリッシュなど、熟練の技術を要する制作工程を経て、ジュエリーは永遠の輝きを放つ比類なき作品となります。ブシュロンの職人の卓越した技術によって生まれた作品に込められた魂は、時間を超越し何世代にもわたって、受け継がれていくのです。

グワッシュ

ブシュロンのデザイナーによって描かれる、究極に洗練されたグワッシュ(デッサン)は、ジュエリーを制作するメゾンの職人にとって設計図の役割を果たします。グワッシュには水彩顔料が用いられ、実物大に描かれたジュエリーには、光の効果や一つ一つの石のボリューム、透明感までも忠実に表現されます。そこに描かれるデザインは、ジュエリーの制作過程において絶対的な意味を持つのです。

インスピレーション

アルティザン ドゥ レーヴ  コレクションはブシュロンのアーカイブを巡る旅。ひとつひとつの作品が物語るのは、メゾンの豊かな歴史から得られたインスピレーションや、貴重なテーマ、そして特別な技術。ブシュロンの卓越した技術、創造への挑戦にオマージュを捧げるコレクションです。

ニュースレター from ヴァンドーム広場26番地

メゾンのニュースやイベント情報をいち早くお届けします。ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のジュエラー、ブシュロンの世界へようこそ。