レーヴ ダユール

フルール デ ザンド

「フルール デ ザンド」(インドの花)が描く、マハラジャたちの伝説と類稀なるエメラルドの世界。このコレクションは純真さと人生の開花を象徴する神秘的な花 “水連”を表現しています。また、幾つもの特別なオーダーのために、ヴァンドーム広場に数多くあるジュエラーの中からブシュロンを選んだインドの名声高い顧客への敬意でもあります。


ほかの画像

創作、それは思い出すこと

イギリス帝国の最も名声高い顧客から素晴らしい評価を得たフレデリック・ブシュロンと息子のルイ・ブシュロンは、インドの王子やマハラジャとも固い絆を結びました。ブシュロンはマハラジャたちの世界を、鮮やかに彩られた絢爛なクリエイションの中に融合させ、インドの君主たちにとって極めて重要なジュエラーのひとつになりました。その一人、パティアラのマハラジャは1928年にヴァンドーム広場26番地のメゾンを訪れ、これまでに制作されたことのない壮麗たるジュエリーをオーダーしました。

宝石の魔術師

「フルール デ ザンド」ネックレスの中央で堂々たる輝きを放つのは、ムガル帝国の歴史が刻まれたエメラルドです。代々受け継がれてきた宝石が持つ象徴的な力を見事に表現しています。このエメラルドは新たに手を加えられることもなく、インドの運命とともに1526年から1858年まで君臨してきたムガル帝国の名残をととどめています。

輝きをつくり出す手

荘厳な「フルール デ ザンド」 ネックレスを強調するため、「輝きをつくり出す手」はブシュロンを象徴する装飾モチーフである “ポンポン”を施しました。クローズドセッティングしたダイヤモンドをひとつひとつ繋ぎ、見事なしなやかさを持つタッセルに仕上げています。

魂をこめて

インドでは、もっとも女性らしい花と言われる水連。花の蕾は、生命を司り、感情の源となる心臓を象徴しています。一方、開いた花は達観した人生を表し、無数の種子が豊饒と繁栄を連想させます。女性たちにポジティブなエネルギーを与える水連を模した「ナンフェア」(水連)パリュールは、身に着ける人を守る不思議な魅力で、夢に向かう日々に輝きをもたらします。

ニュースレター from ヴァンドーム広場26番地

メゾンのニュースやイベント情報をいち早くお届けします。ヴァンドーム広場にブティックを構えた最初のジュエラー、ブシュロンの世界へようこそ。