ジュエリー

ブシュロンのクリエイションは、メゾンの歴史、そして身に着けるあなたの歴史を物語ります。ブシュロンのブライダルコレクションをご覧ください。


セルパンボエム

  • ストーリー #12

    パティアラのマハラジャ 

    ヴァンドーム広場で最も見事なオーダー

    1928年8月、パティアラのマハラジャがダイヤモンド7,571個、エメラルド1,432個など、宝石がぎっしり詰まった7個の大きなケースを持った従者を伴い、ヴァンドーム広場26番地に姿を現しました。ブシュロンの名声、さらにはブシュロンがインドとの間に結んでいる強い絆に心惹かれたマハラジャは、自身の財宝に含まれる数千個のダイヤモンド、ルビー、エメラルドを用いて、149点のジュエリーで構成される卓越したパリュールをブシュロンに注文しました。これは現在のところ、ヴァンドーム広場でなされた最も大規模で並外れたオーダーになっています。


    ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る


アニマルコレクション

自然は1858年の創業以降、ブシュロンにとって尽きることのないインスピレーションの源です。その多様性、完璧なまでの美しさ、豊かなシンボルは、時と共にさまざまなクリエーションを生み出してきました。自然はメゾンのジュエリーの歴史を長きにわたって彩り、その固有のビジョンを表現したのが「ナチュール トリオンファント」です。


ナチュール トリオンファント

  • ストーリー #18

    アバ

    アメリカ映画のアイコン的存在であるエヴァ・ガードナーの永遠の魅力が、メゾン ブシュロンに「アバ」コレクションのクリエイションのインスピレーションを与えました。映画『シンガポール』の中で、エヴァ・ガードナーは燃えるような愛を象徴するリングを贈られます。そのシーンでの彼女の素晴らしく感動的な表情は、大切なジュエリーを受け取る女性の気持ちを見事に体現しています。まばゆい煌めきを放ち宙に浮かんでいるかのように見える「アバ」ジュエリーのダイヤモンドは、群衆の中で抜きん出ており彼女しか目に入らない、このグラマラスな魅力を体現する美女をイメージさせます。


    ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る
ブシュロンの大切なテーマのひとつである「オートクチュール」にインスピレーションを得た「ポンポン」コレクションから、動くたびにフリンジがきらめくペンダントとイヤリングが登場します。ブシュロンが開発したセッティング技術により、ダイヤモンドが宙に浮いているかのように見えます。


ピヴォワンヌ

ピヴォワンヌ


メゾンのハイジュエリー制作に用いられる優れたサヴォワールフェールが活かされた「ピヴォワンヌ」コレクション。花の中央にセッティングされたダイヤモンドの輝きは、卓越した職人によって磨かれたゴールドに反射して一層煌めき、女性の美しさを讃えます。

  • ストーリー #4

    マッケイ夫人

    1876年から1902年までの間にメゾンの注文台帳に102回もその名が登場する、アメリカの富豪マリー=ルイーズ・マッケイは、メゾン ブシュロンで最も印象的なオーダーのひとつに数えられるオーダーを行いました。ある日、特にこれといってはっきりとした希望なしにブシュロンを訪れた彼女は、ジュエラーにただ類稀な宝石をとだけ求めました。彼女の深いブルーの瞳に注目したフレデリック・ブシュロンは、彼女の瞳の色を思わせる最高に美しいサファイアを秘密裏に探しました。最終的にネックレスに仕立てられた159カラットのカシミール サファイアはマッケイ夫人を魅了しました。当時人々は、彼女は世界一美しいサファイアを所有していると言っていました。フレデリック・ブシュロンはその当時既に、宝石の美しさ、ジュエリーの美しさは、何よりもまず女性の美しさを際立てるのに役立つためにあるということを理解していたのです。


    ブシュロンを彩るストーリーをすべて見る

ダイヤモンドのまばゆい輝き


貴石を壮麗に輝かせるこのジュエリーコレクションは、エヴァ・ガードナーの永遠の魅力にインスピレーションを得たもの。宙に浮いたような軽やかなセッティングが、ダイヤモンドの輝きと煌きを高めます。
 

ゴールドが織り成すプリーツ


ジュエラーの手によって生命を吹き込まれたゴールドが、流麗で軽やかな織物となり、絢爛豪華なジュエリーコレクションを生み出しました。
 

  • 履歴に選択されたアイテムがございません。