ナチュール トリオンファント

プリュム ドゥ パオン

160年近くにわたって、クジャクの羽根はブシュロンの創作の歴史と伝統の中心にあり続けています。1883年、フレデリック・ブシュロンはその軽やかなエレガンスにインスピレーションを得て「クエスチョンマーク」ネックレスをデザインし、最初の定番ラインとなりました。以降、この印象的な羽毛は、クレール・ショワンヌの創作スタジオの指揮のもと、何度も新たな姿に描き直され、メゾンのハイジュエリーコレクションを引き立たせています。

プリュム ドゥ パオン イヤリング ダイヤモンド ホワイトゴールド

130年以上前、創業者フレデリック・ブシュロンが留め金を使用しないというジュエリー史に残る革新的なネックレスを発明した際、インスピレーションの源となったのは一本のクジャクの羽でした。その軽やかさやしなやかさ、そして美しさは、メゾンのクリエイティビティの象徴でもありました。

今日、メゾンの歴史において重要な位置を占める羽根のジュエリーを現代的なアプローチのもと再解釈した「プリュムドゥパオン」コレクション。
ブシュロンの優れた職人技とサヴォワールフェールにより、本物と見まがうばかりの繊細なクジャクの羽が、女性のしなやかな動きに合わせて一枚一枚美しく揺れるのです。

ローズカット ダイヤモンド 2個(1.35カラット)
ラウンドカット ダイヤモンド 782個(4.45カラット)
18Kホワイトゴールド

プリュム ドゥ パオン ペンダントイヤリング ダイヤモンド、ピンクゴールド

自然の形象は、メゾンに無限のインスピレーションを与える存在であり続けています。その美の極致と豊かな象徴性により、自由で生命力溢れる、素晴らしい作品が誕生しました。このドロップイヤリングは、「ナチュール トリオンファント」というブシュロンの自然に対するビジョンを体現しています。

ローズカットダイヤモンド2個(計1.11カラット)
ラウンドダイヤモンド782個(計4.82カラット)
18Kピンクゴールド

プリュム ドゥ パオン ダイヤモンド、ホワイトゴールド

パリ・ヴァンドーム広場にブティックを開いた最初のハイジュエラーであるブシュロンは、その大胆さと創造性で常に注目されてきました。
ホワイトゴールドとダイヤモンドでクジャクの羽根を表現したこのイヤリングは、既存のデザインコードを更新し、ジュエリーの新たな可能性を広げ続けようとするブシュロンらしさの表れです。

ローズカットダイヤモンド2個(計0.46カラット)
ラウンドダイヤモンド188個(計0.64カラット)
18Kホワイトゴールド

リエール ドゥ パリ

ブシュロンは運命より偶然を、様式よりもアシンメトリーを、秩序よりも自然さを好みます。 1858年、フレデリック・ブシュロンは、創業したパレ・ロワイヤルのアーケードの下で、パリの街に自由に自生するアイビーに心を奪われました。 以来、アイビーは、メゾンのコレクションにたびたび登場し、クリエイションごとに様々な姿を見せてきました。 アイビーのあふれる生命力を体現したジュエリーは、手首や首もとを取り巻いたり、2本の指にまたがって収まったり、あるいは耳元をそっと飾ります。

リエール ドゥ パリ ペンダントイヤリング ブラックスピネル、ダイヤモンド、ホワイトゴールド

ブシュロンにとって、夜は自然の神秘を露わにするものです。野性的で、壮大、そして力強い夜は常に人間を征服し、アイビーの葉に施された滴るようなスピネルとダイヤモンドがそれを証明しているかのようです。

ラウンドダイヤモンド224個(計1.49カラット)
ブラックスピネル1265個(計67.90カラット)
18Kホワイトゴールド

リエール ドゥ パリ アシンメトリー イヤリング ピンクゴールド、ダイヤモンド

パリの街を彩る美しくワイルドな自然を表現したリエール ドゥ パリに、ピアスが登場。
アシンメトリーなデザインには、誇り高く自由に生きる自然がありのままに映し出されています。

ダイヤモンド 109個(計 約2.85カラット )
ピンクゴールド

ニュースレター登録

ブシュロンがお届けするサプライズ。
メゾンの最新情報をどうぞお見逃しなく。